窓リノベ改修

こんにちは、広報の福島です。
  
  
 
最近は寒暖差が激しく、明日は一気に寒くなりますね😥
  
明日から今季最強の寒波が襲来し、大雪になる可能性があるそうなので
 
準備しておきましょう。
   
   
 
では今日は、窓リノベ補助金を活用したリフォームをご紹介いたします。
 
 
雲南市内で先進的窓リノベ補助事業を活用して窓リフォームを行いました✨
 
 
窓からのすき間風がひどく、補助金があるタイミングで
 
リフォームをすることにされました。
  
 
  
before 
 
安部邸現況写真.pngIMG_0021.JPG
 
 
 
after

AW-2完了.JPGAW-3完了.JPG
 
縁側全面にある窓を断熱性能の高い窓へと交換し、
 
縁側下の塞ぎ板や梁などを塗装して快適な生活空間へと
 
生まれ変わりました。 

 
 
これで暖かく快適な生活が送れますね😊
 
この度はアレックス創建にご依頼いただき、ありがとうございました!
 
2024年も補助金が活用できますので、ご検討中の方はお気軽に
 
ご相談ください(*^▽^*)

アパート改修

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
今日は松江市にあるアパート改修を行ったときのビフォーアフターを
 
ご紹介いたします(^_^)/
 
 
 
◆和室からフローリングでクローゼットのある洋室へ
  
before
 
IMG_2106.jpeg
 
after
 
IMG_2084.jpeg
 
 

◆キッチンも新しくなり、洗濯機置き場を設置
  
before
 
IMG_2100.jpeg
 
after
 
IMG_2079.jpeg
 
 
◆トイレが一緒のユニットバスからセパレートタイプへ
  
before
 
IMG_2109.jpeg
 
after
 
IMG_2080.jpegIMG_2091.jpeg
  
  
築39年の1K トイレが一緒のユニットバスと和室のお部屋でしたが、
 
バストイレ別のセパレートタイプ・洋間へと改修することで
 
清潔感のあるとても明るい部屋になりました✨
 

M様邸完成

こんにちは(^-^)
 
 
今年は例年より早く初雪が降りましたね☃

まだまだ降らないと思っていたので慌ててタイヤ交換をお願いした福島です。
  
 
今週末の天気も雪が降りそうなので、皆さんも早めにタイヤ交換をして

準備しておきましょう!!
  
  
 
さて、アレックス創建では先日、M様邸が完成しお引渡しを行いました。
 
 
IMG_2836.jpeg
   
コンパクトな片流れ屋根の平屋で、居室上に広がる屋根裏スペースを
 
有効活用したロフトのある家になっています。
  
   
IMG_2739.jpeg
 
ロフト部分を寝室にした子供部屋(ロフトの下はクローゼットになっています) 
  
  
 
IMG_2782.jpeg
 
洗面脱衣室には、室内物干しと隣接したファミリークロゼットで
 
洗濯→干す→畳む→しまうの洗濯動線がまとめて集約してあります。

忙しいママにとっては嬉しい動線です😊
 
 
 
IMG_2758.jpeg
 
大容量のファミリークローゼットでリビングや個室に衣類や荷物が
 
散らかりにくく、家全体がすっきり片付きます✨
 
 
 
IMG_2790.jpeg
 
 
ダイニングテーブルと一体化したアイランド型の
 
セパレートキッチン(^^)/
 
開放的な空間で、来客時や家族との会話を楽しみながら料理もできます。
  
楽しい時間が増えそうですね🎵
 
 
 
ご家族の皆様、ご新築おめでとうございますm(__)m
 
 
さて、M様邸の「家づくり」もこのお引渡しで一区切りです。
 
これからも、末永いお付き合いの程、よろしくお願い致します!

動線計画

こんにちは、広報の福島です。
  
 
 
やっと涼しくなってきたと思ったらもう朝晩がとても寒いですね。
  
 
季節の変わり目、ただでさえ体調不良を起こしやすい時期ですので
 
体温の調整しやすい恰好を心がけてくださいね(*^▽^*) 
   
 
 
さて皆さん、理想の家と言われてどのような家を想像しますか?
 

広いリビングにオシャレなアイランドキッチンなどなど
 
いろいろな条件が出てくるかと思います。
 
  
中庭のある家_2F-0812 内観 LDK-7.jpg
  
 
理想の条件を満たしたとしても実際に住んでみて住み心地が良いかと感じるかは別です。
 
 
 
そこで住み心地のいい暮らしをするために大切なのが動線計画です。

 
動線とは、建物の中を人が自然に動く時に通ると思われる経路のことで、
 
この動線をなるべく短く、無駄のない動きにすることが
 
快適に生活するための大切なポイントとなってきます✨

 

住宅の動線といっても様々あり
  
  
・料理や家事を楽にする〈家事動線
 
・朝の支度が快適になる〈生活動線
 
・帰宅後手洗いがすぐにできる〈衛生動線
 
・来客時に見せたくないものを見せない〈来客動線
 
2547746.png  
   
 
  
  
なかでも最も重要視したい動線は〈家事動線〉
  
  
料理、洗濯、掃除、片付け...
  
  
毎日行うことだからこそ効率的に行える動線がいいですよね😊
   
  
  
そんなあらゆる家事の中でも最も負担が大きいのが洗濯です。
 
「洗う→干す→たたむ→しまう」という一連の流れをどれだけコンパクトに
 
まとめることができるかが重要となります。
 
 
 
洗濯をするだけなら洗濯機に洗濯物を入れてスイッチを押すだけですが、
 
濡れた状態の洗濯物を運んで干し、また乾いた洗濯物を取り込んで
 
収納するという手間が加わると負担が大きくなります。
  
  
そこで最優先にしたいのが、「洗濯をする際の移動距離を短くすること」
 
1000484.png
   
   
洗濯機を置いている場所と干す場所が近くにあるのはもちろん、
 
畳んだり、アイロンをかけたり、収納するスペースを近くにするなど
 
前後の作業との繋がりを考えた動線にすると家事効率がグンと上がります。
   
    
 
さらに他の家事と並行しながら行える場所に洗濯スペースを設けることも大事です。
  
家事ラクの秘訣は動線にあり!是非参考にしてみてくださいね😊

 
 
お家づくりを検討しているなら是非、私達アレックス創建と一緒に!!!!!

M様邸棟上げ

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
最近、雷が鳴ったり夕立が降ったりする日が続いていますね!

昼間は猛暑になったりと身体にも疲れが出てくるころですよね。。。

 
食生活や睡眠などを見直すのも、もちろんですが

ストレス発散やワクワクすることが大事だそうですよ😊
  
 
   
さて先日は、雲南市でM様邸の棟上げが行われました。 
 
  
IMG_9910.JPG
 
  
IMG_9913.JPG
 
 
IMG_9914.JPG 
 
 
M様邸は片流れ屋根の平屋になっています✨
 
    
棟上げでは、一日で家の構造部分を組み立てます。

正確にスピーディーに、そして安全に作業は進みます!
 
 
 
雲南市で進むM様邸。

3LDK+小上がり和室+ロフトがあり、こちらも素敵なお家になる予定🏡✨
 
IMG_9918.JPG 
 
棟上げも無事に終え、

これから躯体工事や外装・内装工事が進められていきます!

完成が楽しみです😊

T様邸完成&お引き渡し!!

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
台風が来てましたが、みなさまは大丈夫でしたか?
 
  
  
さて先日、完成見学会を開催させて頂いた、雲南市T様邸で引渡式が行われました☆彡
 
 
T様邸は、限られた敷地の中で駐車スペースも確保しなければならなかったので
 
ビルトインガレージのある家をご提案させていただきました。
 
IMG_1763.jpeg
  
 
1階をガレージにすることによってリビングは2階へ配置し、
 
明るく開放的な空間が実現しました✨
 

image_6487327 (5).JPG
 
 
image_6487327 (6).JPG


キッチンに立つと目の前にある窓から青空が眺めれて、家事をするのが楽しくなりそう🎵
 

IMG_1740.jpeg
 
キッチンの横にはランドリールームがあるので料理をしながら洗濯をしたり、畳んだりと
 
2階にファミリークロゼットもあるので洗濯動線は2階だけで完結します。
 
忙しいママにとって家事ラク動線は大切です(*^▽^*)
 
IMG_1692.jpeg
 
ご夫婦の寝室は間接照明と落ち着いたベージュの壁紙で
 
ゆったりリラックスできる空間になっています。
  
 
 
T様ご家族の皆様、ご新築おめでとうございます!🎊
 
これから、いよいよ新しいマイホームでの暮らしがスタートですね😊
 
これからも、末永いお付き合いのほど宜しくお願い致します!

U様邸完成!!

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
今回は、先月末にお引渡しをしたU様邸のご紹介をいたします!!
  
  
まずはリビング✨
  
IMG_1351.jpeg
 
IMG_1329.jpeg
 
家族みんなが集まるリビングは明るく、心地よい空間になっています。
 
 
IMG_1348.jpeg
 
キッチンは階段下の空間を利用してパントリーを設置し、
 
リビングからは生活感を隠してスッキリ✨
 
 
突然の来客があっても慌てません(*^▽^*)
 
 
IMG_1304.jpeg
 
トイレの壁には、木目とも相性がよく、「程よくリラックス感のある」
 
薄いグレーの壁紙を採用しオシャレな空間に🎵
 
 
IMG_1301.jpeg
 
 
IMG_1296.jpeg
 
木目と白い壁でナチュラルな空間に仕上がっています。
 
 
 
U様と、職人みなさんと造りあげたお家。

お家は完成しましたが本当のお付き合いはここからですね😊

また、不安なことや気になること、なんでもご連絡ください。
 
 
 
これから笑顔溢れる素敵な暮らしがずっと続きます様に✨✨

傍で見守っていきたいと思います🍀

火災保険について

こんにちは、広報の福島です。
  
  
  
今回は「火災保険」について詳しく見ていきましょう😊

 
火災保険、実は火災保険以外にも使えるって知ってましたか?

実はあんまり知らない火災保険についてわかりやすくまとめました。
 
 
 
【火災保険の保険適用範囲】

・落雷    ・水漏れ    ・盗難

・風災    ・爆発     ・水害

・いたずら

実はこれらも適用されるんです!!
  
750828.png
   
   
さらに重要なのが

何度使用しても保険料は一定ということ!!
  
  
  
保険を使用すると保険料が上がってしまう自動車保険とは違い、火災保険は使用しても
 
保険料が一定額なので適用範囲に当てはまれば使ったほうがお得です!😊
 
 
 
そして、保険金の使い道は自由!
 
火災保険の契約内容には受け取った保険金の使い道の詳細までは何も記載されていません。
 
したがって娯楽費や貯金に回しても、何も問題ありません。

しかし、保険金で修繕がされていない場合、対象箇所の損害が拡大しても再度請求を
 
受けることは出来ないので注意が必要です。
  
  
  
注意POINT

【地震での損害は対象外】

地震による建物の火災や損害については、その発生率や損害額の予測が困難なことから、
 
損害保険の基本原則である「大数の法則」が働きにくく、またその被害が広範囲にわたり
 
損害額が莫大になる恐れがあるため対象外になります💦
 
 
22623280.png
 

ですので、地震による損害に備えるには、地震保険への加入が必要です。
 
(地震保険は単体では加入できず、火災保険とセットで加入します)
   
   
   
実は火災保険は火災以外にも使え、保険料も上がりません。

これを知らないのは損ですよね!?

せっかく入った火災保険!しっかり確認して活用しましょう!😊

地震保険は必要?

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
最近、地震や豪雨などの自然災害が増えて、備えがますます重要になっているなと
 
感じている今日この頃です。
 
 
 
家を建てた際に、火災保険は加入されると思いますが、地震保険はどうでしょうか。 
 
今回は、地震保険について詳しく見ていきましょう!!(*^▽^*) 
 
 
 
■地震による火災は、火災保険では補償されない
 
火災保険に加入すると、火災によって建物や家財が損害を受けた時に
 
保険金を受け取ることが出来ますが、地震を原因とする火災の場合には、
 
地震保険に入っていないと補償されないのです。
  
22623210.png  
 
  
 
■地震保険は、火災保険とセットで加入

地震保険は単独で加入することはできず、火災保険とセットで
 
加入する必要があります。
 
また、地震保険には加入できる金額に制限があり、火災保険の保険金額の
 
30~50%の範囲内で設定できます。
 
 
 
■地震保険の保険金は4段階

地震保険では、保険の対象となっている建物や家財の被害の割合によって
 
支払われる保険金が決められています。

 
・全損:地震保険の保険金額の100%
 
・大半損:地震保険の保険金額の60%
 
・小半損:地震保険の保険金額の30%
 
・一部損:地震保険の保険金額の5%
 
 
基礎や外壁等の構造部にひび割れが入っている場合は、一部損扱いが多いようです。
 
 
 
■大地震が来ると、全損リスクはゼロではない。 

熊本大地震では、大手ハウスメーカーの頑丈な家ですら残念ながら「全損」となって
 
しまった家があったようです。活断層の上に建っていたため、耐えられず全損になりました。
 
 
被災しても生活を立て直せるだけの貯蓄がある方には不要かもしれませんが、

被災後は、今まで通りの労働環境や収入を確保できない恐れもあります。

地震で家が破損・倒壊してしまい、修繕や立て直しが必要になると
 
費用がかかりますよね・・・😓
 
そんな不安を少しでも減らしたい方には地震保険はオススメです。 

  
 
■地震保険料は控除で所得税と住民税の負担を軽減できる
 
居住用の住宅や家財を保険の目的とした地震保険に加入している人を対象に、
 
保険料の控除が受けられる制度があります。
 
1年間に支払った地震保険の保険料に応じて、一定額をその年の所得から控除する
 
ことができ、税金が安くなるのです。
 
 

地震は、いつどこで発生するかわかりません💦
 
近年、特に東日本大震災以降、地震保険の加入割合が増えています。
 
皆さまも現在の加入状況を確認して、地震保険に加入していない場合は
 
見直してはいかがでしょうか😊

土地を購入するときの手順②

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
今日は、前回の続きからです(o^―^o) 
  
土地の売買契約から建築許可がおりるまでです!
 
  
shutterstock_173714501-2-600x419[1].jpg
  
 
🔶土地の売買契約
 
 
まずは買付!
 
 
買付証明書とは?
 
気に入った土地が見つかって、その土地を購入したい場合、

不動産会社に買付(かいつけ)を入れてくださいと言われます。
 
 
 
買付とは、買付証明書(かいつけしょうめいしょ)のことで、

「●●万円でこの土地を買います」という書面です。
 
 
 
というのは、不動産の場合金額が大きいことと、

売主にとっては、どんな素性の人が購入意思をしてしているのか知りたいからです。
 
 
 
買付証明書の内容は?
 
 
買付証明書の中には、必ず書く項目があります。
 
 
 
たとえば、この土地を●●万円で買いたいという、

買受の申し込みを売主に対してするわけですが、

それに対して、売主が有効期限内に承諾をすることで、

契約の準備が整った状態となります。
 
 
 
値段交渉がある場合
 
 
例えば、土地を値切るとき、●●万円になれば買いますという場合は、

その買付証明の金額に希望の金額を書きます。
 
 
 
売主が、承諾してくれれば交渉成立ですし、

承諾してくれなければ、不成立となります。
 
 
 
買付証明書の効力
 
 
次に買付証明書の効力についてですが、

買付証明書に絶対的な効力はありません。
 
 
 
民法上では、買主からの申込みと売主の承諾で契約は成立するのですが、

不動産に関しては、例外を除き、その性質上契約書が必要となります。
 
 
また、不動産業者が居る場合は、重要事項説明をしてからの契約となります。
 
 
ですから、買付証明書を書いたり売主が承諾をした時点では、

まだ契約は成立しておらず、拘束力は発生しません。
 
 
しかしながら、トラブルを避けるためにも、

買付証明書を書くときは、

売主が承諾すれば契約するという意思をもって書くようにしましょう。
 
 
 
契約を結ぶ
 
 
売買契約の締結前に宅地建物取引士より重要事項の説明を受けます。
 
 
契約締結と同時に売主へ手付金を支払い、

仲介業者に対しては仲介手数料の半金を支払います。
 
 
手付金は土地売買代金の10%程度のことが多いですが、

契約によって異なるので確認しましょう。
 
 
仲介手数料は、全額を決済時に支払う場合もあります。
 
 
また、土地購入代金にローンを利用する場合には、

売買契約締結後すみやかに申し込みをします。
 
 
 
🔶土地の決済
 
 
残金を支払って土地の引き渡しを受けます。
 
 
残金にローンの融資金を充てる場合には、

金融機関との間でローンの契約を結び、融資を実行してもらいます。
 
 
土地の引き渡しを受けるのと同時に、

所有権移転登記およびローンを借りた場合には

抵当権設定登記の申請手続きをします。
 
 
媒介業者に対しては媒介手数料の残りの半金を支払います。
 
 
 
 
🔶古家解体・整地作業
 
 
更地渡しを条件としなかった場合には、

土地の引き渡しを受けてから古家の解体工事や

整地作業をすることになります。
 
 
ただし、建築の依頼先がすでに決まっている場合には、

建築工事に合わせて古家の解体工事を任せることもできます。
 
 
更地渡しを契約条件とした場合には、

土地の引き渡し前に古家解体工事や整地作業が行なわれます。
 
 
 
 
🔶測量・地盤調査
 
 
実測図がなく、測量を売買契約の条件としなかった場合には、

あらためて敷地の測量が必要となります。
 
 
また、地盤の強度に合わせた適切な基礎を造るためには、

地盤の調査も必要です。
 
 
ただし、敷地測量や地盤調査を買主の費用負担としたときでも、

交渉により土地の引き渡し前に

これらを実施することができる場合もあります。
 
 
売買契約の条件が実測売買のとき、

または公簿売買でも測量を条件とした場合には、

土地の引き渡し前に測量が行なわれます。
 
 
 
 
🔶基礎工事開始
 
 
建築する建物の建築確認届が受理されれば

工事に着手することができます。
 
 
 
いかがでしたか?😊
 
 
土地を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
 
 
「もっと詳しく知りたい!」
 
という方は、お気軽にご相談ください(o^―^o)